進研ゼミ 漫画

進研ゼミと子供チャレンジの漫画

進研ゼミの運営会社はベネッセです。

そして、ベネッセが幼児向けに提供しているプログラムが「子供チャレンジ」です。

子供チャレンジと言えば皆さん思い出すのが、漫画のしまじろうですよね。

しまじろうは可愛い顔をしたトラのキャラクターのことです。

漫画好きな幼児たちですから、このしまじろうは大人気です。


この漫画キャラクターしまじろうは、子供チャレンジの教材だけではありません。

しましまタウンというしまじろうと遊べるコミュニケーションパークや、全国各地でのしまじろうイベント、テレビ番組やインターネットサイト、そして携帯サイトまであるんですよ。

このしまじろうの漫画とかキャラクターものが欲しくて子供チャレンジに入る子供(入らされる親?)が多いのも理解できます。

少子化と言われていますよね。

だから、こうやって幼児のうちから子供チャレンジに親しんでもらい、そこから進研ゼミ小学講座・中学講座と進んでもらうのがベネッセの狙いでしょう。


進研ゼミ 漫画

進研ゼミと漫画「ドラゴン桜」

進研ゼミのサイトでも、以前話題になった受験漫画「ドラゴン桜」を紹介しています。

「ドラゴン桜」は、弁護士の主人公・桜木建二が、落ちこぼれ高校に赴任して100名の東大合格者を出そうというストーリーです。

この漫画の中には、進研ゼミでも注目する様々な合格ノウハウが、ギッシリと詰められているのです。

そして、コーチング理論から発達心理学、最新の受験情報まで、良くここまで調べあげたなと思うような専門知識が紹介されています。


この漫画は、どちらかというと受験生に見せるよりも、進研ゼミなどを子供にさせている親こそに見て欲しいものですね。

東大に子供を入れるためには、単なる詰め込み式のガリ勉ではダメなんですね。

子供を東大に入れた親たちの体験談をいくつも見ていくと、成功法則が何となく見えてきます。

今の自分と照らし合わせることで、これから子供達とどう学んでいくかがわかるかもしれません。

進研ゼミでは、学習に漫画を利用するということは以前からやっています。

でも、「ドラゴン桜」は受験生の親にとっての教材とも言えますね。

進研ゼミ 漫画

進研ゼミのサイトで漫画教科書の話題

進研ゼミのサイトで、漫画教科書の話題が載っていました。

これは、大阪のある出版社が高校の数学の教科書で漫画を多用したことが話題になっているという記事でした。

「高校の教科書に漫画?」と不思議がったり違和感を持つ親も多いと思いますね。

でも、そこに至るまではいろいろな背景があるようです。


進研ゼミのサイト記事によれば、その数学教科書は約180ページ中、約70ページで漫画を使っていたとのこと。

確かに漫画の比率は随分と高いですよね。

内容としては、数学の嫌いな高校生がタイムスリップしてしまい、理解できるまで現代には戻れないというストーリーです。

ただ、これは検定時の話で、実際は検定でこの漫画の多さに検定意見がついてしまいました。

そして、結果的には漫画は20ページに減ったそうです。

でも以前なら漫画を教科書に使うことそのものが「ダメ」と言われそうでしたよね。

だから、20ページとは言え認められたということは、それなりに必要性があるという判断を文部科学省もしているということですね。

進研ゼミは、以前から漫画をいろいろと利用しています。

それだけ学習効果があるということでもあります。

  1 2 3 4 5..  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。